ブリューゲル「バベルの塔」展

  • 2017.09.21 Thursday
  • 06:47

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

国立国際美術館へ「バベルの塔」展を観てきました。

24年ぶりに来日したオランダのボイマンス美術館が所蔵しているブリューゲルの傑作です。1568年頃に描かれた絵です。

450年前に油絵でこんな細密に描いたブリューゲルさん・・・感動しましたよ。

パネルに拡大してもらったら、人物など点にしか見えてなかったものがちゃんと描かれてて・・・

もしかして顕微鏡見ながら、医療用ロボットアーム使って描いた?ってくらいの細かさです。

 

 ,修發修皀丱戰襪療磴辰討覆鵑任靴腓ΑK佑魯丱咼2世の基地の印象です。ポセイドンが好きでした。ポセイドン

だから、塔の上は破壊されてると勘違いしてたぁ。よく見ると建設中の絵だったんですね。

 

当時の画家は聖書の中の話を絵にすることが大切な仕事です。自由に描いてるわけではありません。

このバベルの塔・・・旧約聖書の「創世記」に出てくる話を元に描いています。

ざっくり言うと・・・元々、世界中の人間は同じ言葉を使っていた。そして皆である土地にレンガを積み上げて塔を建てることに。人間が天に近づこうとしたことに神様が怒って、言葉を通じなくしてあちこちに散らした。聖書の中でバベルは地名として書かれています。

僕らが英語とかフランス語とか勉強しなくちゃいけないのはこの塔の建設のせいだったんですね。(笑)

 

こちら1423年に描かれたバベルの塔の絵。

絵の上の方、天から神様らしきものが降りてきて、「コラっ!お前ら、作業やめぇ〜!!」って感じでしょうか・・・

この絵と比べると、ブリューゲルの描いた塔が圧倒的な存在感で人気なのがわかりますね。

 

これは、ベルギーの王立美術館で僕が今回の旅行で観たバベルの塔。作家名はヨース・デ・モンペル2世。

たくさんの画家がバベルの塔を描いていますが、ブリューゲル以降はこの感じが基本みたいですね。

 

◆,箸海蹐乃賁鸚蚕颪辰討覆鵑任靴腓・・・。紀元前10世紀〜前1世紀にまとめられたユダヤ教の聖典のこと。

アダムとイブの林檎の話や、ノアの箱舟の話、海がパッカ〜ン割れるモーゼの十戒のことなどもこの中に。

ほな、新約聖書はっ・・・? 旧約聖書を引用しながらイエス・キリストの救いの言葉や行いとその弟子たちの布教のことをまとめたもの。紀元1世紀〜2世紀に書かれた。

ユダヤ教から分かれてイエスさんのキリスト教が生まれたってことでいいと思います。

 

 紀元前とか紀元後とかって・・・ 西暦って誰が決めたん・・・?イエス・キリストが生まれた翌年を元年(紀元)とする考えを僕らも西暦として使ってますよね。今が西暦2017年とか・・・

イエスさんが自分でワイが生まれた時が世界の基準じゃい〜!とは言いませんもんね。

調べると・・・西暦535年にローマ教皇ヨハネス1世が神学者に委託して、イエスの誕生を基準に年表を作り替えたとありました。

それが、ほぼ世界中に広まって基準となっています。便利ですよね。

 

長々とすみません。僕が疑問に感じたことをざっくりまとめてみました。バベルの塔からえらとこまで・・・(^^;)

 

世界中で共通の暦を使って、言葉は翻訳機で困らなくなり、文化も少しずつ差が無くなって・・・

また皆で天にでも近づこうとしたら神様の怒りをかっちゃうんじゃないですかね。

 

南港イベント、無事に終了

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 14:45

JUGEMテーマ:アート・デザイン

台風接近がありましたが、3日間イベント無事に終えることができました。

たくさんの方にブースに寄って頂いただきました。本当にありがとうございました。

いつも見に来てくれる人との再会、嬉しかったです。

初めて僕の絵を見てくれた人も、今後とも宜しくお願いします。

上の写真は今回、壁面に展示した絵です。秋らしい絵かなぁ〜とおもいまして・・・

 

僕の前のブースのお兄さんをこっそりスケッチしました。

携帯の中のペットの写メを見せると、その場で無地の布バックに描いてもらえるんです。

注文した家族の子供がくっつきそうなくらい覗き込んでむちゃカワイイです。

そのプレッシャーに負けずどんどん描き進めるタフさは凄かった。

子供にしたら目の前で魔法でしょうね…

 

追伸:  3日間仲良くしてもらったし、このスケッチを渡そうかと思いましたが、画家さんに絵を渡すの照れくさくなって、やめました。(^^;

イベント2日目スタート

  • 2017.09.17 Sunday
  • 10:12

JUGEMテーマ:アート・デザイン

南港イベント、2日目の朝です。

台風接近中ですが、今は怪しく晴れ間が見えたり…

では、今日もスタートです。

 

OSAKA アート&てづくりバザール

  • 2017.09.13 Wednesday
  • 19:11

JUGEMテーマ:アート・デザイン

今週末の9月16(土)・17(日)・18日(祝)の3日間、大阪南港ATCホールで開催のイベントに出展します。

OSAKAアート&てづくりバザールVol.25

時間は朝の10時〜夕方5時まで

僕のブースは「S-05」です。勿論、3日間ずっといますよ。

もしお越しの際は僕のブースにも立ち寄って下さいね。

週末の台風がちょっと心配ですが・・・屋内イベントでほんと良かったです。

生命力

  • 2017.09.11 Monday
  • 22:55

JUGEMテーマ:日常

実家の母が近所でつんできた葉っぱを水に浸けて根が出てきました。

なぜか持って帰りと渡され…

とりあえずフリカケが入ってた瓶に。

飾りに水で膨らむつぶつぶを入れてみたり…

ワイはゴソゴソ何をやっとるのでしょ( ̄〜 ̄;)

植物の生命力ってスゴイ。

 

ココナッツサブレ

  • 2017.09.09 Saturday
  • 18:15

JUGEMテーマ:日常

おやつにココナッツサブレ食べようと、なにげに見たら文字が書いてあった。

「今月分です。」ちょっとドキッとするフレーズですよね。色々な意味で・・・(笑)

このひと袋だけにしておきました。サブレ

欧州紀行20 ホールンSL復路

  • 2017.09.08 Friday
  • 23:40

JUGEMテーマ:旅行

SLの駅はレトロで駅員さんの制服も昔の感じ。皆、当時のイメージを忠実に守っている気がしました。

みんな、タバコを吸っていてなぜか全員が葉巻タバコ。

この運転士さんもシブ過ぎるでしょ・・・(笑)

 

途中の駅に停車中、こちらの運転士さんも・・・

演出のために俳優さん雇ってる???

もしかして、並走してたあの二人乗り自転車も・・・演出・・・??って疑いたくなるような完成されたSL時代の世界でした。

 

帰りの客車はちょっと豪華なデザインでしたよ。

勿論、最後尾に。

 

オランダの大地は広くて空はどこまでも遠くて・・・

 

ず〜と、鉄道のことばかりですみませんでしたぁ〜(^-^)

欧州紀行19 ホールンSL乗車

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 23:45

JUGEMテーマ:旅行

いよいよ蒸気機関車が牽引する列車に。

席は自由で好きな客車に乗れます。僕は最後尾に乗車。

カーブの景色が一番カッコイイので、他の乗客も皆、顔を出して見ていますね。

 

最後尾を独占していたのですが、ちびっ子を連れた家族が来たので譲ってあげましたよ。

すっごい楽しそうにしていて、可愛かったなぁ〜。

子供たち、父ちゃん、祖父ちゃんはずっと外を見てましたが、祖母ちゃんとお母ちゃんあまり興味がない感じでずっと座席で世間話してる・・・そんな風景も平和で良かった。

 

僕としてはずっと占領してこうしてたかったんですけどね。「信号よ〜し」(笑)

 

こちらも列車から平和な風景。

こういう自転車、実用で使ってる人を初めて見ました。関西サイクルスポーツセンターにあるやつやん。

この後、ドクロベー様にお仕置きされなければいいですが・・・ドクロ

 

途中に3駅停車して終点のメーデンブリック駅です。ターンテーブルが無いので機関車はここまでバックで牽引してました。

なので、復路は前向きになります。

着いたらすぐ機関車を切り離しますよ。

その瞬間をみんな見たい。ん〜シブイ。

さっきの家族も・・・やはり男子だけね。

山之口商店街

  • 2017.09.04 Monday
  • 23:53

JUGEMテーマ:アート・デザイン

昨日、一日だけでしたがこんな感じの出展です。

2012年、13年と参加して、その後もお誘い頂いてのですが他のイベントと重なったりで、今回4年ぶりの参加です。

ブースの場所は前と同じ所だったので、近所のお店の人たちも覚えていて、冷たいお茶を持ってきてくれたり親切にして頂きましたよ。

商売を辞めてシャッターが閉まったままになった所に僕ら出展者のブースが入ります。

シャッター商店街が進んでしまうと、活気がなくなり、人通りが減る悪循環。

これって深刻な社会問題ですよね。

年間通して商店街の人たちが企画し色々なイベントで、盛り上げようと頑張ってます。

4年前に出た時はイベント中なのに自転車に乗った人が前をスイスイ行き交う状態。

つまり、人が少ないから乗れてしまうわけで・・・

自転車に乗ったままブースの前に止まり、絵を見てすぐ発進してしていく・・・シュールな風景だったんです。(^^;)

でも今回、すごくたくさんの人を呼べていて、活気あるイベントでした。

そのことに僕は感動でした。

グレーのシャッターのままより、僕の絵で彩ある方がいいですよね。

秋というには少し早いけど外の風を感じながら過ごす良い1日でした。

商店街の皆さん本当にありがとうございました。手紙

堺 山之口ストリートフェス

  • 2017.09.03 Sunday
  • 11:44

JUGEMテーマ:アート・デザイン

本日、堺の山之口商店街のお祭りに小さく出展させてもらっています。

「堺でいっちゃん早い秋祭り」らしいです。

 

かなりクオリティーの低いカオナシさんが見てくれてます。

暑いけど頑張ってね。

 

欧州紀行18 ホールンSL 車庫

  • 2017.09.02 Saturday
  • 21:43

JUGEMテーマ:旅行

車庫の中も自由に見学できました。

どれも1920年代のものみたいでした。約100年前の・・・

 

宮崎駿の飛行船の世界ですね。

スチームパンク的にも、たまらない実物ではないでしょうか・・・

 

顔を描いたらトーマスですよね。

めちゃかわいいです。

 

あちこちに謎のマシンが付いてます。

博士!これはいったいなんですかぁ〜?

すぐ下の車輪から回転運動を取れるようになってます。

ほそいガラス管の中に薄緑色の液体が・・・形はバッテリーみたい・・・

ヘッドライトなどに使う発電機的なものでしょうかね。

ゴムチューブなど使えば簡単なところを、すべて銅管を使ってるのも本気で良いです。

 

奥には作業スペースも・・・いい雰囲気。

パーツなどはもう無いだろうし、自社で修理できてしまうんでしょうね。

僕もこんな作業場、欲しいなぁ〜。

つづく・・・

欧州紀行17 ホールンの夜

  • 2017.09.01 Friday
  • 16:55

 

アムステルダムから列車でホールンという田舎の町に移動。

ホテルに着いたら雨がきつくなって部屋にずっといましたが、夜中の0時過ぎたらやんだので探検です。

海外で都会の夜中は危険ですが、田舎は大丈夫です。まず人がいないから・・・

ほんと静か・・・地面が濡れていてキレイです。

閉館後の遊園地みたいですね。

海の方にも行ったけど、暗いのと海風でさずがに寂しくなって引換しました。

 

このホールンに来た目的はSL機関車に乗るためで、次の日の朝に行くSLの駅を夜な夜な調査です。楽しみで我慢できず・・・(笑)

夜の駅や車庫を覗いてみたり・・・かなり怪しい。

写真も撮ったけど真っ暗でした。

この写真、面白い構図です。

 

僕が日本から予約してたのは10:40発の列車。

勿論、ホテルでも朝イチで食事を済ませ早めに駅へ。晴れて良かった。

車庫の前に色々並んでるぅ〜。もう煙出てる〜。(*゚∀゚*)

この線路がポイントで複雑に分かれていく感じ・・・シブすぎます。

つづく・・・

夏の夕方

  • 2017.08.31 Thursday
  • 22:20

JUGEMテーマ:日常

 

夕方、堺のひきしょう歯科クリニックへ新しく刷り上がった定期検診のハガキをバイクで届けてきました。

夜の8時まで開いているので、涼しくなるのを待って夕方から出ました。土曜も8時までやってますよ。

昼間はまだ暑いですが、夕方ならバイクで走ると風は気持ちいいです。

春から僕のとこに来たドラッグスター400。夏の間はあまり乗れて無かったので、久々に長い距離を乗れて良かったです。

エンジンはかなり調子いいです。

 

皆さん、夏休みの宿題は終わったかな・・・始業式が提出じゃなければ、まだいける。

小学校の時は先生の手作り感いっぱいの宿題プリントセットみたいなのがあったような気がします・・・

 

欧州紀行16 アムステルダム

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 20:02

JUGEMテーマ:旅行

今回の旅、最後の目的地オランダのアムステルダムです。これGoogleマップのアムステルダムの地図。

家のパソコンでなんとなく見てて、この複雑な水路の町に行ってみたくなったんです。

昔、貿易で発展した時代があったのが伺えますよね。

ベルギーのブリュッセルから列車で3時間くらいで到着。

 

写真はアムステルダム中央駅前です。この日は土曜ですごい人でした。

路面電車で町を見ながらゴッホ美術館など色々と回った後、せっかくなので観光船にも乗ってみることに。

日本語ガイドもイヤホンで聞けて面白かったです。

 

水路のは幅はそんなに広くないけど、観光船から個人の船らしきものまで自由に行き交ってる感じでした。

標識もラインも無いのに事故しないのが不思議・・・

白と黒の大きな船・・・あえて船で住むのを好む人も多く、その停泊権の数は決まってて新しく認可されないので、すごく値打ちがあるとか・・・

横切る時に窓から見える生活空間は快適そうでした。

 

橋と水路、レトロな町並み・・・大きなテーマパークみたいでした。

夏の週末ということもあってか、アムステルダムのホテルはどこもとにかく高くて、しょぼいホテルでもありえない値段でした。

こんな時、僕は泊まる町を変えてしまいます。この夜は中央駅から列車で40分ほどの田舎の町に。

日本で考えて、大阪駅や東京駅の近くに頑張って泊まる必要ないですもんね。

成長

  • 2017.08.27 Sunday
  • 22:33

JUGEMテーマ:日常

8月7日にブログにあげたアボカドの芽、どんどん伸びています。

球根用の花瓶は母がくれました。

兄が小学校の時に学校の実習でもらった時のだそうで・・・何十年前の話や!とビックリです。

昔の人はモノを捨てないですもんね。

こうやってたまに役立つ瞬間があるから捨てられないんですよね。

僕もとりあえず置いておく方なので気持ちはわかります。

アボカド、当分は観賞用です。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM